住宅購入の費用について

住宅購入は「一生で一番高い買い物」と言われるほどに、とても負担の大きい買い物となります。

その住宅購入資金を全部キャッシュで用意できる人というのは、ほんの一部しかいません。

「住宅を購入したいけれど、自己資金などだけでは足りない」という人が利用しているのが、住宅ローンです。

住宅ローンは、住宅そのものを住宅に住みながら、返済を続けていくというローン。

住宅という担保があるだけに、車のローンやカードローンなどの無担保ローンと比べて圧倒的に低金利なのがメリットです。

住宅ローンのローン資金の使途目的は「住宅購入費用」など、担保となる住宅にかかわる費用だけに限られます。

ローンを組む金融機関は、住宅メーカーがおすすめしている提携ローンを利用するか、別の金融機関の住宅ローンを利用するかのどちらかになると思います。

住宅ローンの、ざっとした比較をしてみましょう。

くわしい住宅ローン比較はリンク先を見てみて下さい。



住宅ローンの申し込み先

提携ローンの場合は住宅メーカーなどを通じて申し込めます。

その住宅に対する審査・いわゆる物件審査は事前に終わっているので、あとは債務者本人についての審査のみとなります。

その他の住宅ローンの場合は、金融機関に直接申し込む形となります。

この場合は、住宅と債務者、両方について「一から審査」ということになりますね。





住宅ローンの融資額

提携ローンの場合、住宅チラシなどにも掲載されているように「頭金ゼロ」でもOKというものが多くなっています。

ただし、金利をしっかりと比べて、どちらが得かをよく検討する必要があります。

金利水準は、住宅ローンの長い歴史から見ても、前例がないレベルの低金利です。

住宅ローンは担保がある分、リスクが特に低いということで、もっとも低金利にされています。

住宅ローン金利は言い切れませんが、「底に限りなく近い状態」であることは間違いないと思います。



低い金利のローン






金利が安いキャッシングに借り換えるのがベストですが、借入額がおおきくなると審査が通るかどうかの課題が出来てきます。
プロミスの審査はパート・アルバイト・フリーターでも通過できる?
いくつもの金融機関に借金を持つ状態を多重債務といいますがそうなったときに借り換えを利用するとたくさんの価値があります。金利の低いおまとめローンに借り直すのが最も良いのですが、おまとめ金額が膨れ上がると審査に落ちないかという難問がうまれます。数年ものあいだ返済し終えずに借りたままを繰り返すのは債権者に長期間利息を取られることになるので非常にもったいないと思います。おまとめローンの場合、総量規制が適用される、消費者ローンでも例外規定があって借り換えが可能となる場合があります。融資を受けた額と今までの返済額、そして毎月の返済金額と今現在の残高を一覧表にして計画しておくことが有効的でしょう。





中古車買取りと下取り査定について






現在の生活環境においては、日本政府は物価を上昇させるという方針を打ち出しました。
トラック、重機、大型車の買取業者
そのため、生活必需品である食料費や交通費、光熱費などが非常に高騰しています。その中でも、嗜好品である車に関しては、販売価格も上昇してきており、非常に高額になっています。さらに追い討ちをかけるように、車を保有しているとかかってしまう、重量税も大幅に増税されるなど、家計に対して非常に苦しい状況にまでなってきています。こうし背景のなかで、各社自動車メーカーは、販売価格を少しでも下げようと努力しています。その中でも、中古車買取りを実視し、現在乗っている自動車に対して、下取り査定を実視しています。これにより、購入価格を値引きしているメーカーがたくさんあります。





消費者ローンは使いやすくなっていて






キャッシングはとても便利で給料日前に予算オーバーな時に即日融資を受けられるキャッシングも登場しています。消費者金融を借りる場合、審査がゆるい数万円ほどから借りる人が多いでしょう。多くの業者にキャッシングしていることを多重債務と言いますがそうしたときにおまとめローンを活用するといろいろな価値があります。低金利なカードローンにおまとめするのが最も良いのですが、おまとめ金額が数百万になってくると審査が通るかどうかの問題がうまれます。長い間完済しないで借金を背負った状態を続けていくのは債権者にずっと利息を取られることになるので多くの場合メリットがありません。
銀行カードローンの即日融資や審査対象は?
低金利なおまとめローンに借り換えるのがオススメですが、借金の金額が高額になってくると審査の問題が出来てきます。

前の記事